横浜の鉄道

横浜といえば政令指定都市で県庁所在地でもある神奈川県を代表する都市です。

横浜だけでも山下公園や中華街などの観光地は有名であり、東京に近いので東京の郊外都市として都内へ通勤や通学で通う人もすごく多い。
ここでは横浜の鉄道について触れてみることにしよう。

まず横浜の新幹線の駅は横浜駅ではなく、新横浜駅である。
この駅はいまでこそのぞみをはじめとする全列車が停車するようになったが、昔は一部ののぞみやひかりが通過していた。

このため名古屋や大阪方面へ新幹線で行く場合は列車がある程度限られていた。
2008年からは全列車がとまるようになったので不便さはなくなっている。

横浜駅では今でも一部の列車が通過しており、例としては東海道線の通勤快速がある。
停車しないのは横浜駅の利用者が多いためあえて通過しているようであるが、ほかの地域から人だと全部とまるという先入観があるので降りられなかったという経験があるという人がたぶんいるであろう。私鉄では京急ウィング号も横浜駅を通過する。ウィング号は指定席が有料であり、横浜よりさらに郊外の人のための列車という意味合いが強い。
ただ、横浜駅は新幹線のある新横浜駅よりは大きく、横浜を代表する駅であるのは間違いない。

ところで看護師求人、都内のものですは横浜の中華街は日本では一番規模大きく、今でも人通りがすごく多く店もかなり多い。
このように横浜は外国の文化を取り入れつつも現在でも港町として発展していく国際都市である。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック